2006年10月31日

残業手当を支払わなくても良い「監督・管理の地位にある者」って、どんな人?

就業規則シリーズ5回目です。
といっても今回は、労基法の解説に近いかもしれません。

「監督若しくは管理の地位の者」には残業手当(時間外労働手当)は支払わなくても良いと定められています(労基法41条)。

しかし法令で具体的な定義がされていないために、「肩書きだけ課長」といった、実際には一般従業員と同じ勤務実態なのに、「残業手当を支払わないためのテクニック」として肩書きが用いられているケースも見受けられますが、これは残念ながら認められません。

過去の通達、判例もシビアな判定を下しています。

・経営者と一体の立場で、一般従業員を指揮監督している者
・職務の性質上、労働時間および休日に関する規制の枠を超えて働く事が要請されている者
・始業、終業時刻など労働時間について細かな拘束を受けていない者
・賃金や賞与などが一般従業員と比べて明らかに優遇されていること

以上のような人でないと労働基準法上の「監督若しくは管理の地位の者」と認められませんので、注意が必要です。

ちなみに、深夜労働に対する割増賃金は「監督・管理の地位にある者」であっても支払わないといけません。

posted by sr-ohshiro at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 就業規則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

失業手当、自主退職には制限も・厚労省

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20061030AT3S2800A29102006.html
>厚生労働省は雇用保険制度の失業手当について、自主退職した人の給付を
>制限する方向で検討に入った。失業手当を受け取るために必要な保険料を
>納める期間を、自主退職の場合は最低で、現在の6カ月から12カ月に延ば
>す案が有力。短期間で自主退職して失業手当を受け取る方が有利との批判
>が出ていることに配慮する。

雇用保険制度の仕組みを悪用(というか最大限利用?)するのは問題だと思いますが、この案はちょっと乱暴な気がします。

一部の人のために、本当に困ってる人が手当を受給できなくなったりしないように、議論を重ねてより良い解決策を探ってほしいものです。

不正(?)受給を防ぐためにも、システムを見直しすべき時期に来てるのかもしれませんね。
「ただ、給付を減らすだけ」という解決策はとらないで欲しいものです。

posted by sr-ohshiro at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

服務規律は具体的ですか?

就業規則シリーズ4回目です。今回は服務規律について。

従業員に対しての、「仕事をする際に、これだけは守ってほしい」というメッセージが服務規律です。

従業員に対する直接のメッセージですから、具体的でわかりやすく記載する必要があります。

普段から、社長が従業員に言い聞かせている事、社内ポスターで呼びかけている事なども服務規律に記載しておくと良いでしょう。

また、近年重要性を増してきた事柄についても、言及しておくといいですね。

「飲酒運転・酒気帯び運転は絶対に行ってはいけません」
「私用に会社のパソコンを使ったり、私用メールを送信してはいけません」
「会社の保有する、機密事項・個人情報を漏らしてはいけません」
など、色々考えられると思います。

服務規律を整備しておく事は、職場の秩序維持のためにも重要です。

posted by sr-ohshiro at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 就業規則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

自分と似たブロガーを探し出す機能、KDDI研究所が開発

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0610/26/news098.html
>KDDI研究所は26日、ブログを総合的に分析して、類似するブロガーを
>自動検索する技術の開発を発表した。

いやーーーーーーーーーーーーーーーーー(笑)

「芸風がかぶってる人サーチ」って感じでしょうか…。
見てみたいような、見たくないような複雑な気分にさせますね。

遊びゴコロとツッコミどころ満載の、「ちゃんと機能しない系」だったらイイな
と思いました。あんまり正確だとコワイですから(笑)

posted by sr-ohshiro at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

ねんきん定期便?

将来の年金額、全員に通知 50歳以上には見込み額
http://www.asahi.com/health/news/TKY200610240395.html

>老後に受け取る公的年金の見込み額や納付記録を、政府が加入者全員に通知する
>「ねんきん定期便」の概要が固まった。

>50歳以上については、将来の収入の見通しを考慮した上で、受給開始年齢に
>達した時点で受け取る年金の見込み額も明記。

>50歳未満は、将来の年収の想定が難しいため、年収と納付期間を掛け合わせれば
>目安となる年金額がわかる早見表を同封する。

>公的年金の加入者約7000万人全員に定期便を送る費用は、年間約110億円に
>のぼる見込みだ。

ということらしいです。
変なハコモノ作るより、こっちにお金使った方がよっぽどイイと思います。

ちょっと前に、年金見込額を調べる方法(50歳以上の方対象)について書きましたけど、
どのやり方も、少し面倒な感じがありましたから。

まだ若い、年金について興味持ってない人へのPRにもなりそうですね。
(将来の見込額みてショック受けたりする可能性も、考えられますけど(笑)

posted by sr-ohshiro at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

PiTaPa迷い中

近頃、電車であちこち行く事が多くなりました。
毎回毎回切符を買って移動してるんですけど、時々ちょっと面倒に感じることも。

で、最近PiTaPaが気になってるんです。

たくさん種類あるんですけど、ほとんどがクレジットカード一体型なんですね。
これ以上クレカ増やしたくないので選択肢は2つに絞られて、

「PiTaPaベーシックカード」「CoCoNet PiTaPa(阪神系)」

CoCoNetのほうが、提示優待サービスの点でベーシックよりも少しお得っぽい。
カードの色が黄色っていうのも、カバンの中で見つけやすそう(笑)

CoCoNetの方に、気持ちは動いてます(一応阪神沿線という事もあって)

ただ、PiTaPa全般に言える事ですけど、割引が微妙な感じなんですねー
特に地下鉄に乗る時とか、既存の「回数カード」「一日乗車券」「ノーマイカーフリーチケット」の方が得なケースも有り。(・・・せこい?)

posted by sr-ohshiro at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

年金はいくらもらえるの?

年金の事で、実際いちばん気になるトコロはそこだと思います。
今回は、それを確認する方法について。(基本的に、50歳以上の方対象の情報です)

以下の方法で、年金の加入記録と見込額を調べることができます。

(1)最寄りの社会保険事務所(または、年金相談センター)へ行って確認する
↓下のリンクで最寄りの相談窓口を探して下さい。
http://www.sia.go.jp/sodan/madoguchi/shaho/index.htm
・照会には、本人である事を確認できるもの(年金手帳、年金証書、被保険者証、払い込み通知書など)が必要です。
・その他、社会保険事務所や社会保険業務センターから、最近届いた書類などがあれば一緒に持って行きましょう。
・試算結果は、その場で受け取れます。

(2)電話で、ねんきんダイヤル(または最寄りの社会保険事務所)へ問い合わせる
↓ねんきんダイヤルについて(電話番号等)はこちらをご覧下さい。
http://www.sia.go.jp/topics/2005/n0916.htm
・電話で問い合わせの際、住所、氏名、生年月日、基礎年金番号、年金の加入歴などを訪ねられますので、お手元に年金手帳等の(年金加入歴のわかる)資料をご用意ください。
・試算結果は、後日郵便で送られてきます。

(3)パソコンを使って、社会保険庁ホームページから問い合わせる
↓ここから申し込めます。
http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/simulate/index.htm
・照会方法については数種類の方法から選べます。
・選んだ方法によって試算結果の受け取り方も変わります。(郵送または電子文書)
・50歳未満の方向けの「簡易試算」も用意されています。

posted by sr-ohshiro at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

おばあちゃんはなぜ髪を紫にするのか

http://www.excite.co.jp/News/bit/00091160935532.html

なんか、エキサイトニュースの、こういうトコが好きです。

>美容師さんに疑問を投げてみると、
>「たいていはご本人が希望するっていうより、美容師がすすめるんだと思いますよ」
>とのこと。実際、これまですすめたケースはかなりあると言う。

だそうです。ひとつお利口さんになったけど、この知識…どこで生かしましょう…

他にも、薄いピンクも日本人の白髪に映えるそうで。(←あ、なんかこっちも良さそうですよ)

posted by sr-ohshiro at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

Firefox推奨(笑)

えーと(汗)
ホームページが最近まで、Windows版Internet Explorerで表示できてなかった件について。
(かなり恥ずかしい…)

普段ほとんどMac(ブラウザはSafari)使ってて、Windows使うときはFirefoxのみでネット見てるんですね。

Internet Explorerの事忘れてました…

でも、あんな状態のを、ちゃんと表示してくれるFirefoxってスゴイ!
これはオススメしなくちゃ!

というわけでFirefoxゲットしようぜバナーを、ホームページに貼ってみました(←・・・)
(↑もう撤去しました^^もうIEでもばっちりです。たぶん)

posted by sr-ohshiro at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

適用される従業員の区分は明確ですか?

就業規則のお話第3回です。

適用される従業員の区分。
ここを曖昧にしておくと、正社員向けの就業規則の規定をパートタイマーやアルバイトにも、まったく同じように適用することにもなりかねません。

あと、「パートタイム従業員については別に定める」と規定されてるのに、そのパートタイム従業員規定が存在しないケースも見受けられます。

このあたりが曖昧な場合、正社員同様の退職金規程や各種福利厚生などを、パートタイム従業員から要求される可能性があります。

パートタイマーや嘱託社員が居る場合はきっちり別規定を作って下さい。
あるいは、「附則」に「○条および○〜○条はパートタイム従業員には適用しない」と定めておくというやり方もできます。

posted by sr-ohshiro at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 就業規則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

商工会議所入会手続完了しました

入会の問い合わせをしたときに、商工会議所の方が電話で「事務所へ伺って、入会の説明を」っておっしゃったんですが、むりやり(笑)商工会議所へ出向いて説明を聞きに行きました。

行ってみたかったんです。(←ただの好奇心)

説明聞いて、その場で申請済ませてくるぜ。みたいな勢いで行ったんですが。

…ハンコ忘れてました!Σ( ̄□ ̄;)、、いや、あるにはあるんですが普段持ち歩いてるシャチハタのみ。

事務所へ戻ってから、入会申込みを作ることになってしまいました。

それはいいんです!そこまではいいんです!

申込み用紙を、山折り谷おり・のり付けして、封筒に変身させて投函するわけですが、、

意外と手こずりました(たぶん小学生低学年レベルの工作です)
なんとか完了しましたけど、あれが本当の完成形なのかは謎のままです…
      ……封筒が欲しいなあと贅沢なこと思っちゃいました(涙)

posted by sr-ohshiro at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

キューバの最高齢者、126歳で大往生

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081160720810.html
だそうです。
これがもし日本の年金受給者だったら、支払った年金保険料の元を取るどころか、すっごい得だったろうなー。と変な感想もらしてしまいました。(社労士ですもの)

長生きする程、お得ですから健康には注意しましょう。

このキューバの人(マルチネスさん)は、「高齢の原因は新鮮な野菜と肉を適量食べ、たまにアルコールを飲むことだ」と語っていた。とか。

私はアルコールはダメな方なので、新鮮な野菜と肉のほうをガンガン食べたいと思いますよ!
で……適量ってどのぐらいでしょう。(汗)

posted by sr-ohshiro at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

ウチも就業規則作らないとダメですか?

きのうに引き続き、就業規則のことを。

労基法は89条で、常時10人以上の労働者を使用する使用者に、就業規則を作成して行政官庁(この場合は労働基準監督署)に届け出る義務を負わせています。

この場合の人数ですが、パートタイマーも(常時使用しているなら)数に含めて10人以上です。
※一時的な臨時従業員の場合はカウントしません。

また、「今の所は労働者は10人未満」という会社も、就業規則を作っておく事をオススメします。

就業規則は「会社のルールブック」ですから、従業員にとっても、職場のルールが明確になってると、働きやすいものです。

成長する会社は、いきなり人数が増えたりします。
就業規則を作らなくてはいけない人数になって、あわてたりしないように、今から備えておくのも良いでしょう。

その時は、本業で忙しくて「就業規則どころではない」感じになってるでしょうから(笑)

posted by sr-ohshiro at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 就業規則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

雛形就業規則で十分?

ちょっと何回かに分けて、就業規則作成・変更の際に役立つ情報を書いていきます。
不定期連載第一回という感じでしょうか(↓ここから)


今や、色んな所で就業規則の雛形は入手できます。労働基準監督署でも作成例が入手できますし、
ネット上でも、モデル就業規則がたくさん配布されてます。

ところが多くの場合、個々の会社に合っていません。年休や割増賃金が法定水準を上回っていたり、労働者にとって有利な規定になっている事が多く、経営者の方は知らないうちに損をしていたりします。

また、懲戒規定や解雇事由が未整備で、いざ懲戒や解雇をしようと思っても就業規則に規定されていないばっかりに、懲戒や解雇が難しくなったりします。

また、従業員にとっても職場のルールが明確化されて周知徹底されていないと、安心して働けません。雛形就業規則の服務規律や諸規定ではとても「職場のルールブック」としての役割は果たせないでしょう。

会社にとってのリスクを軽減し、従業員が安心して働けるルール作りをする事。
これは就業規則の大きな役割です。もし、雛形就業規則を利用されていたなら、この機会に見直しをしてみませんか?

posted by sr-ohshiro at 22:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 就業規則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

国民年金保険料の免除制度・猶予制度

国民年金、未納な方滞納してる状態の方多いかと思います。実際、高いですよね(涙)
月に13,860円(平成18年度)ってけっこうな負担です。

とはいえ、そのままにしておくにしても、社会保険庁による強制徴収や差し押さえのウワサも聞こえて来たり、不安ではあります。
それ以上に、未納状態だと老後に無年金状態になって非常に苦しい生活が予想されたり、大けがをしたり病気をしたりして障害を負った場合に、障害基礎年金が支給されなかったりで困った状態になります。

そこで、おススメしたいのが免除申請・猶予申請です。
30歳未満の方なら猶予申請してみる。それ以外の方も免除申請(全額・3/4・半額・1/4)してみると月々の負担が軽くなります。(前年の所得要件について審査があります)その期間分あとで追納できたりするので、(10年以内なら)払える状態になったら払うという事も可能です。問題をとりあえず先送りできます(笑)

↑すごくおおざっぱな説明ですので、詳細は社会保険庁HPでご確認ください。
http://www.sia.go.jp/top/gozonji/gozonji02.htm
あるいは、まず社会保険事務所に行ってみて相談されるのをオススメします。
http://www.sia.go.jp/sodan/madoguchi/shaho/infom-index.htm

今年に限り特例措置で17年度分の申請期間が延長されて、10月末日まで申請OKになってますので、チャンスですw

posted by sr-ohshiro at 22:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

社労士会館へおでかけ

登録申請の日以来です(笑)開業についての相談会っていうのに行ってきました。
もう既に開業登録してますけど、イロイロ聞いてみたい事とかあれこれあったので。

いや、予想以上に面白かったです。

会場(会議室)へのエレベーターは、待ってる人が多かったから階段で上がる事にして、すごい勢いで階段上がって行きました。

で、目的の階に着いたのはいいんですけど、ドアの鍵閉まってた…

仕方ないから、すごい勢いでまた一階まで降りて…一階から改めてエレベーターに(涙)

おかしいと思ってたんですよ!二階過ぎたぐらいから電灯ついてなくて真っ暗だしー


いや、面白かったのはそれじゃなくて、

アレコレいろいろ聞けて面白かったです。たぶん1時間予定だったはずなんですけど、気がつけば30分以上延長してもらってました。
そのときもらった資料もパラハラめくったところ、なかなかイケてました。これからじっくり読もうと思います。

posted by sr-ohshiro at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 社労士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

医療保険制度が改正されました

社会保険庁のサイトに「今回の改正点のまとめ」アップされました
http://www.sia.go.jp/topics/2006/n1004.html
大胆に、かんたんに要約してみます(詳しく知りたい方は上記リンクをごらんください)

1. 現役並み所得を有する70歳以上の方の一部負担金(窓口負担)について2割から3割となります。
70歳以上の方で、今2割負担の方は3割にアップします。

2. 高額療養費の自己負担限度額が変わります。
1ヶ月に医療機関等に支払った自己負担額が高額になって困った場合、「自己負担限度額」をこえたときに、請求すると「自己負担限度額」を超えた分払い戻される制度ですが、その限度額が上がりました。払い戻しされる金額が減っちゃうことになりますね。

3. 入院時生活療養費が新設されます。
入院したときの食費の負担額がすこし上がりました。また新しく居住費(光熱水費)として1日につき320円必要になります。

4. 出産育児一時金・家族出産育児一時金の支給額が変わります。
被保険者・被扶養者である家族が出産したときに支給される一時金が1児につき30万円だったのが、35万円に増えました。

5. 埋葬料(費)・家族埋葬料の支給額が変わります。
以前の規定だと、
埋葬料=故人の標準報酬月額の1ヶ月分(10万円未満のときは10万円)
埋葬費=埋葬を行った人に埋葬料の範囲内で埋葬にかかった費用
家族埋葬料=被保険者に10万円

だったのが、なんと一律5万円になりました。(びっくりするほど少なくなりました)

今回、すっごくシンプル説明ですので、興味もたれた方は必ず社会保険庁サイトで詳細チェックしてくださいね。

posted by sr-ohshiro at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

いきなり関係ない話ですが

ブログを見たり読んだり書いたりしてるとき、いつも頭をよぎるアレについて書いて
今日はすっきりして寝たいと思います(笑)

いや、ボブログ三世の事なんですが(下に試聴リンク)名前がそれっぽいでしょ?


なぜか、いつでもどこでもヘルメット(黒電話受話器装備)受話器越しのモゴモゴな歌声…
歌の内容もなんだかアレです(ぜったいヘルメットのせいで酸素たりてないです)
荒々しいスライドギター鳴らしながらドラムまで自分一人で。
ツッコミどころ満載☆バカ・ブルーズと言う感じでしょうか(←ほめ言葉)

この人の曲がいまも頭の中ぐるんぐるん回ってすごい状態です。

でも、すっごい好きです(^◇^;)

posted by sr-ohshiro at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

社保庁改革

社保庁改革、法案再提出も 衆院代表質問で安倍首相(朝日)
http://www.asahi.com/politics/update/1002/006.html

社保庁を完全民営化 自民方針(産経)
http://www.sankei.co.jp/news/061002/sei003.htm

「国民の年金への不信感を払拭するために」という事だと思いますが

>現在の法案を今臨時国会で審議未了、廃案とした上で、年内に案をまとめて
>新法案を来年の通常国会に提出。平成20年度の新会社発足を目指す。

すごく急いだ感じの大改革に感じますね。それまでにしっかり議論を尽くせるのか

まだ具体的な法案とか出てない状態でアレですが、少し心配ですねー。
本当に国民のためになる改革をお願いしたいものです。

……………不本意ながらずいぶんまじめなブログになりつつある!Σ( ̄□ ̄;)

posted by sr-ohshiro at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

ブログとホームページ開始

今日、10月1日付で開業登録。それにあわせて、このブログと事務所ホームページをスタートさせました。
両方まだまだイロイロ追加していきたい事がたくさんありますので、これから充実させていきます。

posted by sr-ohshiro at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。