2006年10月17日

適用される従業員の区分は明確ですか?

就業規則のお話第3回です。

適用される従業員の区分。
ここを曖昧にしておくと、正社員向けの就業規則の規定をパートタイマーやアルバイトにも、まったく同じように適用することにもなりかねません。

あと、「パートタイム従業員については別に定める」と規定されてるのに、そのパートタイム従業員規定が存在しないケースも見受けられます。

このあたりが曖昧な場合、正社員同様の退職金規程や各種福利厚生などを、パートタイム従業員から要求される可能性があります。

パートタイマーや嘱託社員が居る場合はきっちり別規定を作って下さい。
あるいは、「附則」に「○条および○〜○条はパートタイム従業員には適用しない」と定めておくというやり方もできます。

posted by sr-ohshiro at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 就業規則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。