2007年04月19日

やっと可決、成立。雇用保険法改正。

改正雇用保険法:衆院で可決、成立 厚労省職員ミスで遅れ
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070419k0000e010013000c.html
 厚生労働省職員のミスにより、4月1日の施行予定日に成立が間に合わなかった改正雇用保険法が19日午後、衆院本会議で与党の賛成多数で可決され、成立した。施行日は「公布の日」に修正され、改正案に盛り込まれた雇用保険料率の引き下げは4月1日にさかのぼって適用する。
 同改正案は年収に占める保険料率をいまの1.6%(労使折半)から1.2%に引き下げるなどの内容。いったん衆院を通過した後、参院に送付されており、与党は3月29日に可決・成立させる意向だった。ところが、厚労省職員が同28日に「成立した」と記した資料を関係議員に配ったため野党が反発。29日に採決できず、参院で修正法案を可決した後、再び衆院に戻していた。
 施行日の遅れに伴い、5月21日としていた当初の保険料納付期間は、6月中旬に延期される見通し

(引用ここまで)


多くの社労士や給与計算担当者をやきもきさせてきた、改正雇用保険法が、やっと可決・成立しましたね!

この遅れで各方面に多大な影響がありますね・・・。

給与締め日によっては、旧料率で計算した期間との調整が必要だったり。

自分で雇用保険料率を修正できないタイプの給与ソフトの場合、ヴァージョンアップ版が送られてくるのを待つしかないという方もいたり。

それから、労働保険の年度更新の時期もずれ込みますので、社労士のスケジュールに大きな影響与えたり。

これ以上の混乱がなければいいのですが・・・。

でも、料率が下がるほうの改訂だから、まだ許される感じもありますね(^_^;)

posted by sr-ohshiro at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。