2006年10月11日

雛形就業規則で十分?

ちょっと何回かに分けて、就業規則作成・変更の際に役立つ情報を書いていきます。
不定期連載第一回という感じでしょうか(↓ここから)


今や、色んな所で就業規則の雛形は入手できます。労働基準監督署でも作成例が入手できますし、
ネット上でも、モデル就業規則がたくさん配布されてます。

ところが多くの場合、個々の会社に合っていません。年休や割増賃金が法定水準を上回っていたり、労働者にとって有利な規定になっている事が多く、経営者の方は知らないうちに損をしていたりします。

また、懲戒規定や解雇事由が未整備で、いざ懲戒や解雇をしようと思っても就業規則に規定されていないばっかりに、懲戒や解雇が難しくなったりします。

また、従業員にとっても職場のルールが明確化されて周知徹底されていないと、安心して働けません。雛形就業規則の服務規律や諸規定ではとても「職場のルールブック」としての役割は果たせないでしょう。

会社にとってのリスクを軽減し、従業員が安心して働けるルール作りをする事。
これは就業規則の大きな役割です。もし、雛形就業規則を利用されていたなら、この機会に見直しをしてみませんか?

posted by sr-ohshiro at 22:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 就業規則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25282215
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

収入 賃金支払い
Excerpt: もし賃金の振り込みが、一日遅れると会社から言われたらどうしますか?会社の都合だから....
Weblog: 有給休暇と就職【再就職手当・失業給付金・健康保険・年金手帳】手続きガイド
Tracked: 2006-10-15 16:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。