2006年10月28日

服務規律は具体的ですか?

就業規則シリーズ4回目です。今回は服務規律について。

従業員に対しての、「仕事をする際に、これだけは守ってほしい」というメッセージが服務規律です。

従業員に対する直接のメッセージですから、具体的でわかりやすく記載する必要があります。

普段から、社長が従業員に言い聞かせている事、社内ポスターで呼びかけている事なども服務規律に記載しておくと良いでしょう。

また、近年重要性を増してきた事柄についても、言及しておくといいですね。

「飲酒運転・酒気帯び運転は絶対に行ってはいけません」
「私用に会社のパソコンを使ったり、私用メールを送信してはいけません」
「会社の保有する、機密事項・個人情報を漏らしてはいけません」
など、色々考えられると思います。

服務規律を整備しておく事は、職場の秩序維持のためにも重要です。

posted by sr-ohshiro at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 就業規則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26369939
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。