2006年11月08日

保険料を何年納めていれば、年金を受け取れますか?

ずいぶん久しぶりですが、年金基礎知識2回目です。

原則25年以上納めていないと、年金は受け取れません。その期間には「保険料納付済み期間」に加えて、以下の期間も含みます。

(1)第3号被保険者期間
昭和61年4月以降の期間で、20歳〜60歳未満の「サラリーマンの奥様」の場合、届け出をしていれば、第3号被保険者として国民年金に加入していた扱いになります。

(2)国民年金免除期間
法定免除、申請免除による保険料の免除を受けた期間。

(3)合算対象期間(通称:カラ期間)
昭和36年4月〜昭和61年3月までの期間で、20〜60歳未満の間で、国民年金に任意加入しなかった期間。
(この期間はサラリーマンの奥様は、国民年金に加入してもしなくても良いとされていました。その時に「加入しない」事を選択された方が該当します。)

なお、年金額の面では、(3)合算対象期間(カラ期間)は、受け取る年金額には加算されません。
受給資格を得るための「期間」のみ加算します。

posted by sr-ohshiro at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27049746
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。