2006年12月22日

労働時間規制除外制度、休日確保怠れば刑事罰・厚労省方針

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20061222AT3S2101Q21122006.html
 厚生労働省は一定の条件を満たすホワイトカラーの会社員を労働時間規制から除外する制度について、週休2日相当の休日確保を怠った企業の責任者に刑事罰を科す方針を固めた。時間に縛られない自由な働き方に道を開く一方、企業には徹底した健康管理を求めることで労使の歩み寄りを促す。同省は労働基準法の改正案に盛り込む方向で調整を進める。

 労働時間規制の除外制度(日本版ホワイトカラー・エグゼンプション)は、企業側が導入を求めている一方、労働側は強く反対している。この案で妥協できるかはなお微妙な情勢だ。
(引用ここまで)

だんだんよくわからない状況になってきてますね。
「労働時間規制除外」と「週休二日相当の休日確保」
いきなりすごい矛盾してますが。(両立できます?コレ)

「労働時間規制除外」と「徹底した健康管理」
これも。

もう少し、議論尽くした方がいいような気がします。
アクセルとブレーキ一緒に踏むような感じですね。故障しますよ、たぶん。

posted by sr-ohshiro at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30078721
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。