2007年02月20日

年金業務の新法人、「日本年金機構」に決定

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20070220AT3S2000J20022007.html
 安倍晋三首相は20日午前、国会内で柳沢伯夫厚生労働相と会談し、社会保険庁を廃止して新たに設立する年金業務を扱う非公務員型の新法人の名称を「日本年金機構」とすることを決めた。今国会に提出する関連法案に盛り込む。年金業務は2010年1月に新法人に移管される予定で、同時に社会保険事務所の名称も「年金事務所」に切り替える方針だ。
(引用ここまで)

安倍内閣の不安定さから、この案も廃案になりそうな予感がするのですけど…
(以前廃案になった「ねんきん事業機構」との違いがわかりません(^_^;)

看板の架け替えで終わらないで、国民全体に広がっている「年金への不信感」を払拭するような改革をお願いしたいものです。

少なくとも移行の際には、しっかりと説明責任は、果たしてほしいと思います。
posted by sr-ohshiro at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
ひらがなだと軽い印象があるんでしょうか?漢字のほうが重厚な感じがしますね。

当事者の方々は、身分など不安でしょうね。
Posted by 大阪@開業社労士(村岡社労士) at 2007年02月20日 23:58
>大阪@開業社労士(村岡社労士)さん

ひらがな。
「おとしよりすこやかセンター」とかもありますけど、確かに言葉のニュアンスはやわらかくなりますね。

でも年金は硬くてもいいですよね!
Posted by 管理人 at 2007年02月23日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34266544
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。