2007年06月07日

年金記録漏れ増加も、官房長官「確認完了は不透明」

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20070607NTE2INK0607062007.html

塩崎恭久官房長官は7日午前の記者会見で、最大1430万件の公的年金保険料の納付記録がコンピューター上に入力されていなかった可能性がある問題について「確認作業がいつまでかかるか言える段階ではない」との考えを示した。これに関連し、政府高官は「確認作業を進めれば(5000万件の)宙に浮いた年金記録はさらに増える可能性がある」という認識を示した。

 年金の記録漏れ問題では、すでに5000万件の該当者不明の記録の存在が分かっているが、塩崎長官は会見で「5000万件については特に年金受給者を先行してやっていく。(今回判明した)入力漏れも同時並行的に突き合わせ作業を進める」との方針を明らかにした。
(引用ここまで)


まだあるんですか(笑)って笑い事じゃないです。
1年以内に照合するって柳沢大臣の話もありましたが、5000万件ってすごい数ですよ…。さらに1430万件って…。

「いつまでかかるかわかんない」っていう塩崎官房長官の見解が、やっぱり正直なところでしょうね。

それはともかく近頃、社会保険事務所は、いつ行っても大盛況です。
すごい勢いでエキサイトしてはる方いたりして。お気持ちはよくわかります。
同時に、(窓口担当の方も大変だなー)という気持ちもあって複雑な思いです・・・
ラベル:年金問題
posted by sr-ohshiro at 22:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
お元気そうで何よりです。

年金は色々話題になってますね。
安倍総理の発言も社労士じゃなく税理士やし・・・

何とか浮上のきっかけをつかみたいものです。
私はHPに命かけることにします。
Posted by 大阪@開業社労士(村岡社労士) at 2007年06月08日 05:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。