2007年06月13日

っていうよりこれは、“不明な加入記録”のパターンですよね

「お問い合わせによって、皆様の記録が年金に結びついている事例」
http://www.sia.go.jp/top/kaikaku/kiroku/jirei.htm

社会保険庁サイトに、新ネタがアップされました(笑)
上記のようにタイトルつけられてますが

早い話「年金記録:よくある行方不明パターン」
といった感じです。

>親戚のお店を手伝っていたことがあるA県のB子さん
>学生時代に両親が国民年金保険料を支払っていたC県のD男さん
>昔の厚生年金の記録が見つからなかったE県の幸子(ユキコ)さん
>若いころに何度か転職したF県のG彦さん
>結婚前は別の会社で働いていたH県のI江さん
>厚生年金の加入期間の記録には間違いのなかったJ県のK夫さん
>番号の違う2つの年金手帳(国民年金と厚生年金)を持つL県のM代さん
>昔働いていた会社が倒産し記録はないと思っていたN県のO助さん

いろんなパターンがあるんですね・・・。
上記のパターンって、心当たりのある方かなり多いと思いますよ!

すこし面倒ですが念のために皆さんも、自分の加入記録に間違いがないか、照会してみる事をおすすめします。
posted by sr-ohshiro at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。