2007年06月25日

年金問題:「全職員、賞与の一部自主返納を」社保庁長官

年金問題:「全職員、賞与の一部自主返納を」社保庁長官
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070626k0000m010107000c.html
 社会保険庁の村瀬清司長官は25日夜、記者会見し、年金記録漏れ問題への反省の意を示すため、約1万7000人の全職員に夏季賞与の一部自主返納を求めることや、社会保険事務所長以上で退職したOBにも同等の寄付を求める考えを明らかにした。村瀬氏も賞与全額(約270万円)を返納する。全職員に自主返納を求めるのは初めてで、OB分も含めた返還額は合計約10億円に達するという。村瀬氏は「国民に心からおわびする。自主返納だが賛同いただけると思う」と語った。
 長官以外の現役職員の返納額の目安は、審議官級の指定職が2分の1(5人、返納額100万円前後)▽課長級4分の1(9人以上、同40万〜45万円)▽社保事務局長、同事務所長8分の1(354人、同15万〜17万円)▽係長、事務所課長など10分の1(約1万人、同7万〜13万円)▽一般職員20分の1(約6000人、同2万〜3万円)。
 また、OBも基礎年金番号を導入した97年以降に社保事務所長以上で退職した人を中心とし、長官経験者ら一部幹部には、62年の社保庁創立時からの在籍者に協力を求める。同庁に出向経験のある厚生労働省現役職員にも自主返納を求める。村瀬長官の要請に対し、社保庁労組の関係者は「むげに断れないが、組織の対応もすぐ答えられる状況にない」と述べ、労組内が混乱していることを明らかにした。
(引用ここまで)



国民感情に応えた形ですね。選挙対策とも見えなくはないですが(笑)

実際に責任がある人(歴代の長官や幹部クラス)にとっては軽すぎる負担です。
(↑この人たちには、損失の全額補填を要求したいぐらいですね)
誠実に業務を遂行している職員さんもたくさんいます。その方に対しては申し訳ないような気もします。
(↑とは言っても一般企業であれば、賞与がまともに出るかどうかすら怪しい状況なんですけど)

・・・ていうか名前が公表されない一般の職員が「自主的に」返納するなんて、考えられません。
やっぱり選挙対策っぽいですね。
タグ:年金問題
posted by sr-ohshiro at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45918531
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。