2007年07月17日

第三者委員会始動。

「消えた年金」第三者委への申し込み、初日は382件
http://www.asahi.com/life/update/0717/TKY200707170642.html
「消えた年金記録」の回復を図るため、17日に始まった総務省の「年金記録確認第三者委員会」への申し込みは、同日午後7時までに、厚生年金187件、国民年金195件の計382件が各地の社会保険事務所で受け付けられた。

 都道府県別で最も申し込みが多かったのは東京の55件で、兵庫24件、京都21件が続いた。石川、福井、島根、高知の各県は初日の申し込みはゼロだった。

 社会保険庁にも本人の手元にも保険料を納付した証拠が残っていない記録の回復のための手続きで、申し込みに先立って、社会保険事務所で年金記録の確認をし、社会保険庁側に納付記録が残っていないことを確認する必要がある。
(引用ここまで)


保険料を納付した証拠が社会保険庁にも本人の手元にも残っていない「消えた年金記録」の回復を図る総務省の「年金記録確認第三者委員会」が、ついに始動しました。

気になる判断基準ですが「社会通念に照らし不合理ではなく、一応確からしいこと」が確認できれば、幅広く給付を認める基本方針を打ち出しています。

そして、申し立て内容について第三者委が「確からしい」と判断すれば記録の修正が認められ、将来の年金や今受け取っている年金の額が訂正されます。記録のミスで過去に受け取れなかった年金も、さかのぼって全額が本人や遺族に支払われることとなります。

もし記録が残っていなくてもあきらめずに、一度申請してみる事をオススメします。
posted by sr-ohshiro at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

年金問題:「全職員、賞与の一部自主返納を」社保庁長官

年金問題:「全職員、賞与の一部自主返納を」社保庁長官
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070626k0000m010107000c.html
 社会保険庁の村瀬清司長官は25日夜、記者会見し、年金記録漏れ問題への反省の意を示すため、約1万7000人の全職員に夏季賞与の一部自主返納を求めることや、社会保険事務所長以上で退職したOBにも同等の寄付を求める考えを明らかにした。村瀬氏も賞与全額(約270万円)を返納する。全職員に自主返納を求めるのは初めてで、OB分も含めた返還額は合計約10億円に達するという。村瀬氏は「国民に心からおわびする。自主返納だが賛同いただけると思う」と語った。
 長官以外の現役職員の返納額の目安は、審議官級の指定職が2分の1(5人、返納額100万円前後)▽課長級4分の1(9人以上、同40万〜45万円)▽社保事務局長、同事務所長8分の1(354人、同15万〜17万円)▽係長、事務所課長など10分の1(約1万人、同7万〜13万円)▽一般職員20分の1(約6000人、同2万〜3万円)。
 また、OBも基礎年金番号を導入した97年以降に社保事務所長以上で退職した人を中心とし、長官経験者ら一部幹部には、62年の社保庁創立時からの在籍者に協力を求める。同庁に出向経験のある厚生労働省現役職員にも自主返納を求める。村瀬長官の要請に対し、社保庁労組の関係者は「むげに断れないが、組織の対応もすぐ答えられる状況にない」と述べ、労組内が混乱していることを明らかにした。
(引用ここまで)



国民感情に応えた形ですね。選挙対策とも見えなくはないですが(笑)

実際に責任がある人(歴代の長官や幹部クラス)にとっては軽すぎる負担です。
(↑この人たちには、損失の全額補填を要求したいぐらいですね)
誠実に業務を遂行している職員さんもたくさんいます。その方に対しては申し訳ないような気もします。
(↑とは言っても一般企業であれば、賞与がまともに出るかどうかすら怪しい状況なんですけど)

・・・ていうか名前が公表されない一般の職員が「自主的に」返納するなんて、考えられません。
やっぱり選挙対策っぽいですね。
ラベル:年金問題
posted by sr-ohshiro at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

社会保険事務所・年金相談センターの混雑状況(大阪地区)

社会保険事務所や年金相談センターに行って、記録照会とかしてみたいけど何時間も待つのは嫌。
そういう場合のための情報です(大阪地区限定ですが)。
http://www.sia.go.jp/~osaka/konzatu-oosaka1.html
↑ここで先週の混雑状況が確認出来ます。
>午前11時前後や午後1時過ぎの待ち時間が長くなっております。
>なるべくこうした時間帯を避けてお越しください。
だそうです。
あと、すいてる社会保険事務所を狙うといいかも。雨の日も狙い目ですね。
ラベル:年金問題
posted by sr-ohshiro at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

時効の年金、明暗くっきり

(2007年6月14日21時27分 読売新聞)
時効で受け取れなかった年金、今夏から一時金支給…厚労相
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070614i214.htm

(2007年6月14日1時11分 読売新聞)
申請遅れで時効の年金、99年度から5年間で1155億円
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070613ia21.htm




よく読まないとわかりにくいんですけど、すっごくシンプルに書くと

●社保庁のミスで、年金額が少なくなっていたのに、時効で受け取れなかった分は一時金を支給します。
●年金加入者が、うっかり申請遅れをして時効になった分は、自己責任です。いっさい補償しません。


前者は当然として問題は後者です。

>99年度からの5年間で、新たに年金を受け取り始めた加入者は約800万人で、
>そのうち、請求の遅れによる時効分の年金が見つかったのは9万3075人として
>いる。1人当たり平均124万円を失った計算だ。

自己責任で、済ませるにはあまりにも対象者も金額も多すぎると思います・・・。
申請遅れなんて、社保庁のミスに比べると軽微なミスだと思うんですけど(^_^;)
ラベル:年金問題 時効
posted by sr-ohshiro at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

っていうよりこれは、“不明な加入記録”のパターンですよね

「お問い合わせによって、皆様の記録が年金に結びついている事例」
http://www.sia.go.jp/top/kaikaku/kiroku/jirei.htm

社会保険庁サイトに、新ネタがアップされました(笑)
上記のようにタイトルつけられてますが

早い話「年金記録:よくある行方不明パターン」
といった感じです。

>親戚のお店を手伝っていたことがあるA県のB子さん
>学生時代に両親が国民年金保険料を支払っていたC県のD男さん
>昔の厚生年金の記録が見つからなかったE県の幸子(ユキコ)さん
>若いころに何度か転職したF県のG彦さん
>結婚前は別の会社で働いていたH県のI江さん
>厚生年金の加入期間の記録には間違いのなかったJ県のK夫さん
>番号の違う2つの年金手帳(国民年金と厚生年金)を持つL県のM代さん
>昔働いていた会社が倒産し記録はないと思っていたN県のO助さん

いろんなパターンがあるんですね・・・。
上記のパターンって、心当たりのある方かなり多いと思いますよ!

すこし面倒ですが念のために皆さんも、自分の加入記録に間違いがないか、照会してみる事をおすすめします。
posted by sr-ohshiro at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

年金記録不明:「特例納付」が一因?

年金記録不明:「特例納付」が一因?厚労省が調査へ
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070612k0000m010071000c.html
 国民年金の納付記録が消えてしまう問題で、未納分を一括して支払えるようにした「特例納付制度」が消失の一因である可能性が、11日の参院決算委員会で取り上げられた。同制度での保険料支払いは、地域の社会保険事務所に直接納める必要があったのに、市町村に払ったため記録が行方不明になっているのではないか、というものだ。民主党の谷博之氏の指摘に対し、柳沢伯夫厚生労働相は「そういうこともあるかもしれないということで、できる限り早く調査したい」と述べた。
 特例納付は、通常は2年分しかさかのぼって払えない過去の未納分の保険料を、例外的にまとめて納められるようにした制度。70〜80年の間に3回実施された。当時、保険料は市町村が徴収していたが、特例納付は社保事務所に払うことが義務付けられていた。
 しかし、社保庁内でも「社保事務所と市町村が話し合い、特例納付分の徴収も住民に身近な市町村が担当していた例はあった」とささやかれている。その際、記録管理があいまいになった可能性があるというわけだ。ただ、特例制度の利用者に不明記録が多いことを裏付けるデータはない。
(引用ここまで)



エブリディ新展開な年金問題。今日は新しい仮説が登場です。

たしかに処理ミスが起こりそうなシチュエーションではありますね。調査結果がどう出るのか、注目したいと思います。

・・・結果出るまで、ひょっとして年単位で待たないといけなかったりして(汗)


それはそうと、相変わらず社会保険事務所は大盛況で、電話もなかなかつながらない状態が続いてるみたいです。しばらくはこの状態続きそうですね。

「ねんきん定期便」を予定前倒しで、全被保険者(と受給資格者)に発送して、それぞれ年金記録を確認してもらったらいいんじゃないかなーと、思ったりもします。

「ねんきん定期便」
http://www.sia.go.jp/topics/2007/n0330_2.htm
「ねんきん定期便」は、平成20年度から全ての被保険者の方にお届けできるよう、
>準備を進めています。(年金を受給される年齢までお知らせする予定です。)
posted by sr-ohshiro at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

続き:年金記録照合「1年内完了」?

年金記録照合「1年内完了」・NTTデータ、自民に説明
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20070608AT3S0801E08062007.html
自民党は8日、年金保険料の納付記録漏れ問題で関係者から意見を聴取した。記録照合のプログラムを開発するNTTデータは、対象者が不明な約5000万件の照合に関して、姓名や生年月日などを一致させる作業に4―5カ月、似た姓名の名寄せを含めた作業も1年以内で完了すると説明した。

 ただ、約5000万件の記録には情報の欠損が多いとされる。新たなプログラムを開発しても照合に手間取り時間がかかる事態も想定される。同党は「できる限り速い作業を」と要請した。

 社会保険労務士団体には、年金加入者の相談に関して協力を依頼した。会合では年金問題に関する自民党ビラの第2弾を来週から配布することも決めた。相談窓口の電話番号などを明記。「与党は1年以内に年金番号を照合するが、野党は期間の明示がない」など、民主党との対応の違いを主張した。
(引用ここまで)



毎日、あれこれ動きがあって目が離せない年金問題ですが。
「1年以内に照合」って、テータ化されてるモノを対象にした話だったみたいですね(笑)
「その後、手作業での照合を・・・」という話だとか?気が遠くなります。

「社会保険労務士団体には年金加入者の相談に対して協力を求めた」とのことですが…
・・・ひょっとして無償奉仕?Σ( ̄□ ̄;)
これから算定基礎届シーズンだってことは、知ってるはずなのに。
ラベル:年金問題
posted by sr-ohshiro at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

年金記録漏れ増加も、官房長官「確認完了は不透明」

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20070607NTE2INK0607062007.html

塩崎恭久官房長官は7日午前の記者会見で、最大1430万件の公的年金保険料の納付記録がコンピューター上に入力されていなかった可能性がある問題について「確認作業がいつまでかかるか言える段階ではない」との考えを示した。これに関連し、政府高官は「確認作業を進めれば(5000万件の)宙に浮いた年金記録はさらに増える可能性がある」という認識を示した。

 年金の記録漏れ問題では、すでに5000万件の該当者不明の記録の存在が分かっているが、塩崎長官は会見で「5000万件については特に年金受給者を先行してやっていく。(今回判明した)入力漏れも同時並行的に突き合わせ作業を進める」との方針を明らかにした。
(引用ここまで)


まだあるんですか(笑)って笑い事じゃないです。
1年以内に照合するって柳沢大臣の話もありましたが、5000万件ってすごい数ですよ…。さらに1430万件って…。

「いつまでかかるかわかんない」っていう塩崎官房長官の見解が、やっぱり正直なところでしょうね。

それはともかく近頃、社会保険事務所は、いつ行っても大盛況です。
すごい勢いでエキサイトしてはる方いたりして。お気持ちはよくわかります。
同時に、(窓口担当の方も大変だなー)という気持ちもあって複雑な思いです・・・
ラベル:年金問題
posted by sr-ohshiro at 22:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

アレがいよいよ、お手もとに

「ねんきん定期便」がいよいよ4月からスタートするらしいです。

これは、国民年金や厚生年金に加入してる全ての方に、毎年郵送で「年金加入歴」を送付するというモノです。(誕生月の前月に送られてきます)

郵送にかかるコストとか、かなりな額になりそうですけど、年金制度のPR(と督促?)という目的もあって、決行するようですね。

年金制度のPR効果が出るといいですね。(←この点には期待してます)

この4月からはまず、35歳を迎える方向けに発送。12月からは45歳と55〜59歳を迎える方向けにと、対象を順次拡大していって・・
平成20年度からは制度加入者全員に発送というスケジュール。

↓詳しくはこちらをごらんください。
http://www.sia.go.jp/topics/2007/n0330.pdf

posted by sr-ohshiro at 23:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

年金を受給されている方の現況確認の方法が変わります

今回から、住基ネットを活用して年金受給者の現況確認を行うこととなりました。
これにより、「年金受給権者現況届」(現況届)の提出が、原則不要となります。
http://www.sia.go.jp/topics/2006/n1120.html

毎年1回の事とはいえ、手続がシンプルになるのはいい事ですね。うっかり出し忘れの心配もなさそうです。

住基ネットが、きっちり機能してくれればいいんですけど。
(↑心配しすぎ?)

例によって、詳しい情報については、上記リンク(社会保険庁サイト)で、ご確認ください〜

posted by sr-ohshiro at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

それでも、受給資格期間に届かない場合は?

きのうの続きです。

国民年金への加入は、原則60歳の誕生日の前の月までです。しかし65歳になるまで任意加入できます。

それでも受給資格期間に満たない場合は、受給資格が得られるまで(最長70歳になるまで)加入できます。

さらに、厚生年金の場合は、原則70歳になるまでですが、受給可能な期間に満たない場合は、受給資格が得られるまで加入を延長できます。

こういう制度を有効に使って、しっかり年金を受け取りたいものですね。

posted by sr-ohshiro at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

保険料を何年納めていれば、年金を受け取れますか?

ずいぶん久しぶりですが、年金基礎知識2回目です。

原則25年以上納めていないと、年金は受け取れません。その期間には「保険料納付済み期間」に加えて、以下の期間も含みます。

(1)第3号被保険者期間
昭和61年4月以降の期間で、20歳〜60歳未満の「サラリーマンの奥様」の場合、届け出をしていれば、第3号被保険者として国民年金に加入していた扱いになります。

(2)国民年金免除期間
法定免除、申請免除による保険料の免除を受けた期間。

(3)合算対象期間(通称:カラ期間)
昭和36年4月〜昭和61年3月までの期間で、20〜60歳未満の間で、国民年金に任意加入しなかった期間。
(この期間はサラリーマンの奥様は、国民年金に加入してもしなくても良いとされていました。その時に「加入しない」事を選択された方が該当します。)

なお、年金額の面では、(3)合算対象期間(カラ期間)は、受け取る年金額には加算されません。
受給資格を得るための「期間」のみ加算します。

posted by sr-ohshiro at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

ねんきん定期便?

将来の年金額、全員に通知 50歳以上には見込み額
http://www.asahi.com/health/news/TKY200610240395.html

>老後に受け取る公的年金の見込み額や納付記録を、政府が加入者全員に通知する
>「ねんきん定期便」の概要が固まった。

>50歳以上については、将来の収入の見通しを考慮した上で、受給開始年齢に
>達した時点で受け取る年金の見込み額も明記。

>50歳未満は、将来の年収の想定が難しいため、年収と納付期間を掛け合わせれば
>目安となる年金額がわかる早見表を同封する。

>公的年金の加入者約7000万人全員に定期便を送る費用は、年間約110億円に
>のぼる見込みだ。

ということらしいです。
変なハコモノ作るより、こっちにお金使った方がよっぽどイイと思います。

ちょっと前に、年金見込額を調べる方法(50歳以上の方対象)について書きましたけど、
どのやり方も、少し面倒な感じがありましたから。

まだ若い、年金について興味持ってない人へのPRにもなりそうですね。
(将来の見込額みてショック受けたりする可能性も、考えられますけど(笑)

posted by sr-ohshiro at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

年金はいくらもらえるの?

年金の事で、実際いちばん気になるトコロはそこだと思います。
今回は、それを確認する方法について。(基本的に、50歳以上の方対象の情報です)

以下の方法で、年金の加入記録と見込額を調べることができます。

(1)最寄りの社会保険事務所(または、年金相談センター)へ行って確認する
↓下のリンクで最寄りの相談窓口を探して下さい。
http://www.sia.go.jp/sodan/madoguchi/shaho/index.htm
・照会には、本人である事を確認できるもの(年金手帳、年金証書、被保険者証、払い込み通知書など)が必要です。
・その他、社会保険事務所や社会保険業務センターから、最近届いた書類などがあれば一緒に持って行きましょう。
・試算結果は、その場で受け取れます。

(2)電話で、ねんきんダイヤル(または最寄りの社会保険事務所)へ問い合わせる
↓ねんきんダイヤルについて(電話番号等)はこちらをご覧下さい。
http://www.sia.go.jp/topics/2005/n0916.htm
・電話で問い合わせの際、住所、氏名、生年月日、基礎年金番号、年金の加入歴などを訪ねられますので、お手元に年金手帳等の(年金加入歴のわかる)資料をご用意ください。
・試算結果は、後日郵便で送られてきます。

(3)パソコンを使って、社会保険庁ホームページから問い合わせる
↓ここから申し込めます。
http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/simulate/index.htm
・照会方法については数種類の方法から選べます。
・選んだ方法によって試算結果の受け取り方も変わります。(郵送または電子文書)
・50歳未満の方向けの「簡易試算」も用意されています。

posted by sr-ohshiro at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

国民年金保険料の免除制度・猶予制度

国民年金、未納な方滞納してる状態の方多いかと思います。実際、高いですよね(涙)
月に13,860円(平成18年度)ってけっこうな負担です。

とはいえ、そのままにしておくにしても、社会保険庁による強制徴収や差し押さえのウワサも聞こえて来たり、不安ではあります。
それ以上に、未納状態だと老後に無年金状態になって非常に苦しい生活が予想されたり、大けがをしたり病気をしたりして障害を負った場合に、障害基礎年金が支給されなかったりで困った状態になります。

そこで、おススメしたいのが免除申請・猶予申請です。
30歳未満の方なら猶予申請してみる。それ以外の方も免除申請(全額・3/4・半額・1/4)してみると月々の負担が軽くなります。(前年の所得要件について審査があります)その期間分あとで追納できたりするので、(10年以内なら)払える状態になったら払うという事も可能です。問題をとりあえず先送りできます(笑)

↑すごくおおざっぱな説明ですので、詳細は社会保険庁HPでご確認ください。
http://www.sia.go.jp/top/gozonji/gozonji02.htm
あるいは、まず社会保険事務所に行ってみて相談されるのをオススメします。
http://www.sia.go.jp/sodan/madoguchi/shaho/infom-index.htm

今年に限り特例措置で17年度分の申請期間が延長されて、10月末日まで申請OKになってますので、チャンスですw

posted by sr-ohshiro at 22:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。